溝江達英【公式】

人間だったら人間の言葉は必ず習得できる

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

現在、中間試験監督中。黒田龍之助先生の「はじめての言語学」を読んでいる。

黒田先生は今揺れに揺れるウクライナのまさにウクライナ語の専門家。

僕は黒田先生からロシア語を大学院時代に学んだ。

はじめての言語学の中に、人間だったら人間の言葉は必ず習得できる。そう書いてある。その後に、母語以外の習得は焦らずにとも書いてある。

黒田先生の奥さんはチェコ語の専門家。夫婦揃ってスラヴ諸語の専門家というのは我が家に似ている。

もう10年以上お会いしていないが今年の夏に久しぶりにお会いしてみようと思う。東工大から明治に移られて、それから大学の先生を辞してフリーランス語学教師として活躍されている。好きな語学だけひたすらやっている大先輩だ。

ご自身で確か言語学研究会を主宰されているとか。

 

僕も夏休みの帰国まであと3ヶ月を切った。

今年の夏は今まで以上に語学漬けにしようと思う。

 






あわせて読みたい

  1. surimi

    surimi rolls

    2013/10/2422:18

  2. photo
  3. 街角のフランス語

    2013/12/1511:41

  4. some tweets

    2013/06/0113:46

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Dr.Tatsuhide Mizoe

溝江達英

言語をこよなく愛し、学んだ外国語は20ヶ国語以上にも上る国際言語学者。カナダ・ラヴァル大学にて、講義をフランス語で行い、受け持つ授業は北米最多クラスの年間270コマ超の、超人気の言語学教官として活躍中。

詳しいプロフィール
お問い合わせ

カテゴリー記事

  1. imgres-1
RETURN TOP