溝江達英【公式】

心の中のざわめき感を表す何気ない複数形

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

今日読んだ本にLIVE BY YOUR VALUES !と書いていた。

日本人はあまり複数形を気にしない。

なんで、価値(Value)が複数形なんだよ。って思うかもしれない。

辞書を見ると、Valueは

(1)物に与える価値−単数

(2)精神に与える価値ー複数

このような使われ方の傾向の違いがあると示唆的に述べられている

つまり、自分の心の中で【あれこれ考える判断基準】は、迷いがあって当然。どうしたら幸せになれるんだろう?とかあれこれ考える。このあれこれ=ざわめき=迷いが心のなかで泳いでいる。

この、【心の中のざわめき】が複数形でValueよりはValueSになる。

オーストラリア英語でよくある、No worries ! 今はOxford の英語辞書でも市民権を得るほど認知された表現だが、やはり心配事は心をあれこれ縦横無尽に駆け巡る。やっぱり、複数形の否定だ

Live by your values.

あなたの精神的価値によって生きなさい!が直訳だけれど

もっとストレートに

自分の世界観を頼りに生きなさい。

判断基準は自分で決めなさい。

こんな感じになると思う。

VALUEの複数形が教えてくれるのは、

世界観だろうが判断基準だろうが、いろいろあっていいということが含意されている。心の目で見るものなのだから、そこにたった一つの絶対判断を持ち込まない。

判断基準はいろいろあっていい。複数あっていい。やりたいことがいくつあってもいい。一つに絞り込むことで苦しんでいるなら、英語における世界観、ValueにつくSを思い出して欲しい。

ひとつに決めるのが苦しい時、VALUEにくっついているちっちゃな複数形のSに救われる。

ちなみに、英語でSEEとWATCHがあるのは、

SEEはココロの目でみる VS  WATCH(現実に目の前でみる)

目をつぶっても、故郷にいる母の顔がみえるのは、やはりSEEだ

このお話は今度しよう。

では授業に行ってきます!

 

 






あわせて読みたい

  1. imgres-1
  2. suwahiri

    手で頭を撫でる事

    2013/11/0812:57

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Dr.Tatsuhide Mizoe

溝江達英

言語をこよなく愛し、学んだ外国語は20ヶ国語以上にも上る国際言語学者。カナダ・ラヴァル大学にて、講義をフランス語で行い、受け持つ授業は北米最多クラスの年間270コマ超の、超人気の言語学教官として活躍中。

詳しいプロフィール
お問い合わせ

カテゴリー記事

  1. imgres-1
RETURN TOP