溝江達英【公式】

負の意味を背負う名詞について

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

言霊(ことだま:言魂と書く場合もあり)は日本語固有のものと言いたがる人が多いが果たしてそうなのだろうか。

表立っては口に出すことが憚られるばかりか忌み嫌われる言葉というのは私が勉強してきた外国語には決まってある。平たく言うところのタブー表現である。

ただ、そのタブー表現は別に、最初から負の意味を背負っていたわけではなく、むしろ元来いい意味だったものが、不当にマイナスの意味になって現在に至っているものが多い。

例えば、Lucifer。ルシフェルと読む人もいれば、ルシファーと読む人もいる。
(ちなみにラテン語ではルキフェル)。

そもそもは素敵な語源で、光をもたらす者。なんていい名前だろう

でもキリスト教学では堕天使となり悪魔と同一に見なされる。
(悪魔成り下がった理由は諸説あるらしい。)

よく話題に出てくるのはHackerという単語

Hackerそのものは、僅かな道具で何でも創りだす有能なプログラマーの意味だった。

(hackが斧で叩き切るの意味であるから、斧ひとつあれば、家具を作る能力のある有能な職人という意味が由来。)

ただ、それが、cracker(クラッカー)と同様、不正行為を行う者と区別なく使われることも多くなった。(hackerとcrackerを区別すべきだという議論はずっとある。)

またクラッカーという単語も、ヤマザキナビスコのクラッカーといえば、単にお菓子をイメージするだろう。

別に、コンピューターが世に登場する前にお菓子のクラッカーがあったとすると、これまた、クラッカーという意味も、無駄に負の意味を帯びてしまった。そもそもはただのお菓子だったのに。

マイナスの意味とされるものが本当にマイナスの意味であったかというのは実に疑わしい。

また残念ながら、一度、マイナスの意味を帯びてしまった単語がプラスの意味に名誉挽回を果たすのは極めて難しい。

お菓子のクラッカーから見れば、とんだ濡れ衣だ!

あっ、濡れ衣って言葉自体も、濡れた衣服ってだけなのに、なんでマイナスの意味なのだ???

どんどん、こだわりが深くなる。

こだわりって言葉が出てきたので、ここでもっとこだわらせていただく、

それは

逆に、もともと意味がマイナスなのに、現在、いい意味で使われている表現も少なからずではあるが存在するからだ。

それがこの、【こだわり】という言葉。

こだわりの食材

こだわるはそもそもは、気にしなくてもいいようなことが必要以上に気になってたまらない(拘泥する)が本来の意味。

でもこだわりの食材だったらプラス表現として現在は扱われていると思う。

こだわりだしたら止まらないのでこの辺でやめておきます。

 

 






あわせて読みたい

  1. ネーミングの科学

    2014/03/0613:15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Dr.Tatsuhide Mizoe

溝江達英

言語をこよなく愛し、学んだ外国語は20ヶ国語以上にも上る国際言語学者。カナダ・ラヴァル大学にて、講義をフランス語で行い、受け持つ授業は北米最多クラスの年間270コマ超の、超人気の言語学教官として活躍中。

詳しいプロフィール
お問い合わせ

カテゴリー記事

  1. imgres-1
RETURN TOP